製造業

株式会社 富士印刷

2020年入社
製造部
社員
青野 果南子 さん

「ものづくり」に携わりたいと思っていたところ、富士印刷が幅広い製造を行っていると知り、またお客様の想いを形にできることが私の希望と合致したところと、実際の工場見学時に印刷機や大きな加工機を使っている社員の姿に惹かれ、私も一緒に働きたいと興味を持ち面接を受けました。 前職は食品製造・雑貨店員と全く異なる職種だった為、不安な部分もありましたが、「1日でも早く仕事を覚え戦力になりたい」と思いを伝え、今の私がいます。

どんな仕事をしてるの?

私は断裁をしています。 断裁とは印刷、製本などの加工工程の一つで、白紙や印刷された紙を断裁機で裁断、仕上げをする作業のことです。 自社のオフセット印刷機では刷れない(大きさ1m以上)原紙の前断裁や、印刷後のノートやおりがみの表紙、名刺など様々な製品を指示されたサイズに断裁します。断裁機本体は、高さ1.64m巾2.85m、紙を切る刃の長さはなんと1.41mもあるとても大きな機械です。 また、紙ズレが起きないように押さえるクランプの圧力は3tにもなります。 紙の種類にも異なりますが500~1,000枚の紙を一度に断裁します。

仕事のやりがいは?

失敗した時にも励ましてくれる上司のおかげで自信を持つ事ができたことです。また様々な種類の紙や製品を断裁加工できるようになり成長を実感し向上心が湧きもっと成長したいと感じたときです。

今の仕事(会社)の好きなところは?

とてもアットホームで思いやりのある人が多い会社です。分からない事や困った時は丁寧に教えてもらい、辛い時はフォローしてくれる、また嬉しい時は一緒に喜んでもらえる上司や先輩が近くにいる事は頼もしいです。優しい人達ばかりで本当に入社して良かったと思います。会社に行くのが毎日楽しいです。

仕事の目標・夢は?

今の仕事内容だけでなく、様々な機械をオペレーティングできるようになり社内でもマルチに活躍できる人間になりたいです。早く仕事を覚えて新しく入社した人にも確実丁寧に仕事を教えて、尚且つ働きやすい職場環境をつくっていきたいです。

こんな仕事をしている会社です。

「印刷」と社名についていますが、実は印刷だけでなく商品パッケージ・各種デザインからシール製造や紙に加工を施し製品化することが可能なユニークな会社です。お客様の希望した商品作りをお手伝いするのはもちろんのこと、印刷製造業として55年培ってきた経験を活かし新たな提案やノウハウを組み合わせることにより新商品を日々生み出しています。ペーパーレス化が進む流れの中で真っ白な紙にアイデアを注ぎ、新しい価値を創造し、ニューノーマルに適合すべき紙製品を生み出しています。

【事業内容】

株式会社 富士印刷
四国中央市で55年の歴史を持つ会社です。一般印刷の需要は激減傾向にありますが、決してゼロになることはありません。更に、地場産業の紙製品を印刷という形で「ものづくり」ができるのは、言うまでもなく印刷会社です。
〒769-1617 香川県観音寺市大野原町青岡172-3
TEL 0875-27-6494
▷設立/1967年
▷代表者/代表取締役 石川 正人
▷従業員数/52人
▷HP/https://www.fuji-print.jp