医療・福祉

社会福祉法人 わかば会

入社
2016年
生活支援員
藤田 大智 さん

愛媛県立新居浜東高等学校、聖カタリナ大学を卒業し、「社会福祉士」の国家資格を取得。大学卒業後、社会福祉法人わかば会に入職して、障がい者支援施設くすのき園に配属。子供の頃は法律関係の仕事に就くのが自分の夢でしたが、進学先の聖カタリナ大学にて、それまで知らなかった「福祉」という学問に出会うことが出来ました。特に「障がい分野」へ興味をもち、調べている中で地元「新居浜」で現在の職場に出会いました。施設見学やボランティアのなかで、アットホームなところや利用者の方たちの力強いエネルギーを感じ、私自身もここで働きたいと思い就職しました。

どんな仕事をしてるの?

わたしの職種は「生活支援員」です。毎日の生活の中で、いろんな「困りごと」を誰しもが抱えていると思います。すぐに解決できたらいいですが、様々な要因が重なり、一人で解決できないことも多くあります。私の仕事は、障がいのある利用者さんの持っている力に着目し、「困りごと」をこれまで学んできたことや、周囲の人たちの力も借りて、改善や解決にむけてサポートすることです。もちろん「困りごと」ばかりが生活ではなく、ここにいて「楽しい」と感じることも重要です。そのため、時には「介護」を行い、時には「レクレーション」を行う、業務は多岐に渡りますが、その先の「利用者が主人公 ~一人ひとりの豊かな人生~」が叶うように日々の仕事にあたっています。

今の仕事(会社)の好きなところは?

ちょっとした「楽しさ」をみんなで共有できることです。例えばお誕生日、七夕といった行事、作物の収穫、ゲーム、音楽、運動等、日常のちょっとしたことも、みんなで楽しんだり、お祝いできることが数年働いていても素敵だと感じています。

職場の雰囲気は?

明るい雰囲気が施設全体にあるのが特徴です。職員は様々な経験を経て、この職場で働いている人がいるので、あらゆる角度からの意見が出やすい環境です。利用者が主人公の生活の実現のためにお互いが日々研鑽を積んでいます。

学生時代がんばったことは?

学生の本分でもある勉強はがんばりましたが、レストランでのアルバイトも思い出です。礼儀のこと等社会人として当たり前のことを叩き込まれました。成功より失敗が多かったですが、その甲斐あっていまでも、多少のことではめげずに頑張れている気がします。

私たちはこんな仕事をしている会社です。

福祉業界で働くことは自分だけでなく他の誰かの暮らしが豊かになることを一緒に応援することです。だからこそ、そこに難しさや楽しさがあり、責任ややりがいのある仕事です。社会福祉法人わかば会は、障がいのある方たちへの支援や介護を基盤に、一緒に仕事や作業をしたり、趣味を楽しんだり、お話したりしながら、、少しでも豊かな人生を送ってもらえるためのお手伝いをしています。

【事業内容】

社会福祉法人 わかば会
「利用者が主人公」の法人理念のもとに、新居浜市内で入所施設、通所施設、相談支援等の障がい福祉
事業を行っています。知的障がいを持つ子供の親たちが中心となりスタートした社会福祉法人です。
〒792-0856 愛媛県新居浜市船木甲741番地1
TEL 0897-44-7025
▷設立/1997年
▷代表者/理事長 山口 信二
▷従業員数/143人
▷HP/http://shahuku-wakabakai.jp/publics/index/13/page75=7