製造業

有限会社 石川工作所

2020年入社
製造部
社員
蝶野 琉輝 さん

学生時代は、県外の学校でサッカーをしていました。県外から来た者同士スタメン争いをしながら毎日全力で頑張って全国大会にも何度も出場しました。 小さいころからモノを作ったり、組み立てたりするのがとても好きだったので将来は何かを作る仕事をしたいと思っていましたが、学校を卒業後は別の会社に就職しました。ですが、モノを作る仕事がしたいという気持ちは変わらず、モノづくりに携わっているこの会社に入社し、今はやりたいと思っていた仕事ができて、この会社に来てよかったと思っています。

どんな仕事をしてるの?

小さなモノや、とても大きな製品などを図面を見ながら正確に巧妙に作っています。平たく広い色々な厚みの鉄板からレーザー切断機で様々な形に切り出した部品、L型のアングル、凹型のチャンネルなどに特殊な機械で切った部品を溶接して組み立てたり、その組み立てた製品に指定された色で塗装したりして完成させていく仕事です。モノが作られていく工程にかかわっているので、できあがっていく楽しさがあります。学校では習わなかったことばかりなので、まだまだ先輩方には及ばず、覚えることもたくさんあるので大変ですが、もっと早くいろんな技術を上達させたいです。

仕事のやりがいは?

モノづくりをすることで、その仕事を通していろんなことが勉強できます。モノづくりを通してお客様の喜んでくれる笑顔が見れたり、自分の頑張りをほかの人たちに認めてもらえたりするこの仕事は、とてもやりがいがあります。

職場の雰囲気は?

社長をはじめ、みんな気さくな人ばかりです。上下関係もとても良くて、わからないことがあっても聞きやすく丁寧に教えてくれるので、とてもいい会社だなあとつくづく思っています。

仕事の目標・夢は?

仕事での技術の向上です。この仕事は、やっぱり溶接技術が問われる仕事なので、今よりもっと溶接をうまくできるようになりたいです。そして頼まれたものをもっと早く、もっときれいに組み立てることができて、安心して仕事を任せてもらえるようになりたいです。今後もしっかり練習して、仕事を頑張っていきたいと思っています。

こんな仕事をしている会社です。

カッコイイ仕事をするカッコイイ社員が、活躍するカッコイイ会社です。地元企業のプラント設備の保守メンテナンスをはじめ、首都圏向け建築金物も製造しています。特殊なレーザー加工機をはじめ多様な金属加工機械を持ち、それらを使うことのできる技術で、お客様の要望に応じています。金属の切断、曲げ、溶接の加工を総合的に行うことのできる金属製品製造会社です。

【事業内容】

有限会社 石川工作所
製造プラント設備・メンテナンス タンク及び貯蔵設備 鉄骨建築工事 一般建築金物製造
〒799-0401 愛媛県四国中央市村松町149-1
TEL 0896-23-0530
▷設立/1975年
▷代表者/代表取締役 石川 義和
▷従業員数/8人
▷HP/https://www.kousaku.com