医療・福祉

社会医療法人 石川記念会 HITO病院

2015年入社
医療安全管理室 副看護師長
ジェネラルリスクマネージャー
近藤菜穂子 さん

看護師を目指したのは高校生の時、「人に寄り添い人の力になりたい」との思いからでした。県内の看護学校卒業後、県内の病院に就職。その後関西圏の大学病院に転職、数年間経験を積みUターン、2015年からHITO病院で働いています。当院では急性期病棟配属、副師長として病棟のマネジメントをした後、現在はこれまでの経験を活かし、医療安全管理室のジェネラルリスクマネジャー(GRM)として従事しています。当院にはUターンやIターン就職の看護師も多く、中途入職者であっても資格取得の支援や管理職への登用もあります。また、病院のみならずグループ内にも看護師の活躍の場が多く、ライフステージや経験に応じて選択肢がたくさんあることも魅力でした。

どんな仕事をしてるの?

病院全体の医療安全に関することを担当する部署「医療安全管理室」のジェネラルリスクマネージャー(GRM)の仕事をしています。日進月歩の医療において、事故をもたらす要因も、ヒューマンエラーのほか医療機器、組織運営に関連することなど複雑多肢にわたります。このような中で、患者さまに安全で質の高い医療を提供するために、チーム医療を支える各職種の枠を越えて院内を挙げた組織横断的な取り組みを企画し実施しています。例えば、業務環境の安全確保や事故防止対策の改善および遵守状況を院内ラウンドでチェックし指導したり、実際の事例をもとに症例検討カンファレンスを実施したり、事故防止教育研修を開催したりしています。

仕事のやりがいは?

GRMは組織横断的な役割を担っており、様々な部門や職種の協力を得ながら仕事を進めていくことが求められます。 多職種の理解を得て医療の質改善や業務改善につなぐことができた時には、大きな達成感があります。一つひとつの仕事が安全で質の高い医療を提供することになり、地域の「いきるを支える」ことに繋がっています。

今の仕事の好きなところは?

当院はフラットな組織で職員が個々の力を十分に発揮できる環境が整っていることです。行動規範である「Human1st.」(患者さま第一)に沿うものであれば、職員一人ひとりの意見が尊重され協力体制が得られる風土があります。

仕事をしていて大変なことは?

知識不足と重要な部門に属している重圧を自身にかけてしまうことで悩むこともあります。しかし、院内外の研修会など勉強する機会を多くいただいています。最近開発された院内アプリでは自分の時間で学習を進めることができる機能もあります。

こんな仕事をしている会社です。

地域の皆さまの「いきるを支える」ために、約20の職種が連携したチーム医療で、迅速かつ的確な救急医療と専門性の高い医療を日々実践しています。医療現場では、ロボットやICTを積極的に導入して効率化し患者さまと向き合っています。また、全職員へスマートフォンを貸与し、業務用SNSやカルテ音声入力などで働き方改革を推進し、病院らしくない建築デザインで快適な労働環境を整えています。

【事業内容】


社会医療法人石川記念会 HITO病院
24時間365日断らない救急と専門医療を核に、時代とともに地域に必要とされる医療を提供している。グループでは医療・介護・福祉の一体化で急性期から回復期、維持期・在宅まで切れ目のないサービスを提供している。
〒799-0121 愛媛県四国中央市上分町788番地1
TEL 0896-59-6380(採用担当直通)
▷設立/1976年(新病院は2013年~)
▷代表者/理事長 石川 賀代
▷従業員数/580人
▷HP/http://hitomedical.co-site.jp