製造業

技研工機 株式会社

入社
2020年
技術部設計グループ
宮崎 将志 さん

5年半、愛知県の工作機械メーカーで仕事をし、その中で組立、生産技術、設計の仕事に携わることができ、仕事への取り組む姿勢が変わり、モノづくりが日増しに面白く感じるようになりました。さらに父の会社で働くことで学びを深めたいと考えるようになり、技研工機への入社を決めました。父と打ち合わせをしたり、幼いころからお世話になっていた先輩方と仕事することができ、入社前よりもモノづくりに対する情熱が沸いてきています。

どんな仕事をしてるの?

ストランド(ひも状の樹脂)を回転刃でカットしペレットにするストランドカッターやその周辺装置の設計を行っています。お客様と打ち合わせして、要望に合わせてオーダーメイドで設計を行っています。設計の手順としては構想設計、詳細設計を実施して、より安全で、使いやすい機械を目指して自分のアイデアを形にしていきます。また、加工、組立段階で発生するトラブルにも対応してよりスムーズに製作が進むよう取り組んでいます。設計のメンバーと日々コミュニケーションをとりながら改善を行うことでより良い製品づくりを目指しています。

仕事のやりがいは?

新設計の際、試行錯誤しながら検討を行い、満足のいく形になった時に喜びを感じます。また、チームのメンバーとも話し合いお互いに納得して方向性を一致させることができた時に信頼関係が生まれ、やりがいを感じます。

仕事をしていて学んだことは?

リーダーになると皆で協力して進めることが重要になりますので、よりコミュニケーションを密に取り、どうすれば間違いなく進めることができるのか日々勉強の毎日です。そんな中で自身も含めてチームが成長することが私の楽しみの一つでもあります。

学生時代がんばったことは?

私は大学時代、合気道部に所属していました。練習は日々厳しく、挫けそうになることもありましたが、仲間と支え合いながら取り組み、最後までやり遂げることができました。その経験を通して、今ではどんなに大変な仕事でも最後までやり遂げることができています。

私たちはこんな仕事をしている会社です。

最新鋭の工作機械を駆使し、複雑な形状の加工や精密加工を得意としています。当社の50年以上にわたる歴史の中で培ってきた精密加工技術をベースに産業機械を設計・製作していて、特にストランドカッターとその周辺装置を大手化学メーカーに多数納入しています。納入先の大半が一部上場企業ですので、仕事を通して学べることが多く、技術者として腕を磨くには最適な環境です。また、独身寮を完備し、最近では東屋も建てバーベキューなどの懇親会をしたり、社員同士の交流が多いのが特徴です。

【事業内容】


技研工機 株式会社
「精密部品加工」と「機械設計」を柱に材料から完成品まで一気通貫で対応しており、樹脂製造機械関連の仕事が多いのが特徴です。経済産業省からは「地域未来牽引企業」に、愛媛県からは「愛媛のスゴ技」に選ばれています。
〒799-0111 愛媛県四国中央市金生町下分798-1
TEL 0896-56-4535
▷設立/1968年
▷代表者/代表取締役 宮崎 政博
▷従業員数/49人
▷HP/http://www.giken-kohki.co.jp