製造業

技研工機 株式会社

2001年入社
工場長
社員
森實 健太郎 さん

学生時代のアルバイトで部品や工具を扱うことが楽しくなり、そういえば昔からものづくりが好きだったと気がつきました。そこで、ものづくりをしている会社で働きたいと思い、地元で面白そうなものづくりをしている技研工機を志望しました。入社してからはNC旋盤やマシニングセンターなどの工作機械オペレータをしていました。一通りの機械を覚えたころにグループリーダーを任せていただき、そのあとマネージャー、副工場長、工場長と役をいただきました。

どんな仕事をしてるの?

工程の作成や納期管理、見積資料の作成、工場管理をしています。新しい仕事の注文をいただいたら原価計算や作業標準の検討を行います。難易度の高い製品の工程を検討するときには打合せが必要なものもあり、お客様や専門業者と打合せをしながら工程を組みます。システムを利用して工場の負荷などを見ながら納期管理を行っています。働きやすい環境を整えることにより、効率よく作業ができるように取り組んでいます。日ごろからコミュニケーションを積極的にとることで問題点を把握し、よりよい職場環境の実現を目指しています。設備投資する際には機械の仕様を検討することも重要な仕事の一つです。

仕事のやりがいは?

これまでできなかったことや、新しい加工方法で製品が完成した時には、達成感を味わうことができ、この仕事をやっていてよかったと思います。また、他の会社ではできない難易度の高い製品が完成した時にすごくやりがいを感じます。

あなたにとって仕事とは?

人生を幸せにしてくれるもの。人生の多くの時間は仕事をしています。仕事で幸せを感じられなければ人生も楽しくありません。一生懸命取り組めば自然と結果もついてきますので、それがやりがいとなり幸せへつながってくると思います。

職場の雰囲気は?

コミュニケーションを大切にしていますので、食事会などの懇親会を積極的に行っています。その効果もあり、仕事中の相談などもしやすく、いい意味で年齢が関係なく楽しく話ができる雰囲気です。

こんな仕事をしている会社です。

最先端の工作機械(5軸複合旋盤、5軸マシニングセンター、放電加工機、高精度研削盤など)を駆使した複雑な形状の加工や精密加工を得意としています。機械としては主に樹脂ペレットを製造するペレタイザーとその周辺装置を設計・製作し、大手石油化学メーカーへの納入実績が多数あります。納入先の大半が一部上場企業ですので、仕事を通して学べることが多く、技術者として腕を磨くには最適な環境です。また、独身寮を完備しているので生活面のサポートも万全です。

【事業内容】


技研工機 株式会社
機械設計から部品加工、組立までを行う一気通貫の総合的機械メーカーであり、樹脂製造機械の仕事が多いのが特徴です。経済産業省からは「地域未来牽引企業」に、愛媛県からは「愛媛のスゴ技」に選ばれています。
〒799-0111 愛媛県四国中央市金生町下分798-1
TEL 0896-56-4535
▷設立/1968年
▷代表者/代表取締役 宮崎 政博
▷従業員数/55人
▷HP/http://www.giken-kohki.co.jp