建設業

愛媛生コン 株式会社

2015年入社
配車係
社員
谷野 利光 さん

愛媛県立川之江高等学校、岡山商科大学商学部を卒業後、岡山市で洋服のセレクトショップに入社し、商品の買い付けや接客販売等、店舗のマネジメント全般を担当しました。その後、接客の経験を活かしホテル業に転職、系列店の新店舗立ち上げ等にも関わりました。結婚や子供の誕生をきっかけに、自分の生まれ育った町で仕事をし、家庭を育くんでいきたいという思いから四国中央市に帰郷、愛媛生コン(株)に入社しました。生コンクリートの運送・製造業務を経験し、現在は配車係を担当しています。

どんな仕事をしてるの?

取引先様から受注した生コンクリートを現場にお届けするまでの手配が配車係の仕事です。主に電話で直接注文を受け、指定された日時に納入できるよう、現場までの所要時間や荷下ろしに掛かる時間などを計算しながらスケジュールを組んで行きます。小型車から大型車まで約20台の生コン車を使用して、多い日では100車分以上を出荷します。納品先となる工事現場は毎回違うため、現場の場所やルートなどを運転手に明確に伝えることも大切な仕事の一つです。生コン車に搭載されているGPSや無線機を使用し、現場まで遠隔で誘導することもあります。 時間経過とともに硬化するという生コンクリートの性質上、道路の交通状況や天候、現場や車両のトラブルなど、あらゆるハプニングへの冷静な対応も求められる、責任のある仕事だと思っています。

仕事をしていて学んだことは?

人とコミュニケーションを取る機会が多い職場で、「相手の言動や態度は自分のとる対応によって決まる部分が大きい」ということを学びました。お客様との打ち合わせや、運転手とのやりとりの中で相手の反応に疑問を感じた時、まずは自分の態度や表情を見直すようにしています。

今の仕事の好きなところは?

若い世代だけでなく、自分たちより上の世代が活躍しているところです。今現在だけでなく、将来の自分をイメージできるということは、仕事に対してのモチベーションを高める大きな要因の一つだと思います。

仕事の目標・夢は?

営業担当から運転手まで、皆が仕事に対して同じ温度で取り組むことができなければ、お客様の満足は得られないと思っています。日々の業務をただこなすだけでなく、皆が協力し合い、前向きな姿勢で仕事のできる環境がとても重要で、それを作ることの出来る人材になることが私の目標です。

こんな仕事をしている会社です。

生コンクリートとは、セメントと水、砂利、砂などを工場で練り混ぜてつくったものです。建造物になった時の強さを考えて、材料の割合を計算し、調整して出荷します。生コンクリートは、道路や橋、学校、病院など、私達の日常生活にかかわる多くの施設の建設に使われます。災害から人の命を守る為にも、更に災害が起こってしまったら、復旧、復興工事にも生コンは欠かせない重要な建材です。暮らしを支えるコンクリートをつくるのが、私達の仕事です。

【事業内容】


愛媛生コン 株式会社
生コンクリートの製造及び販売
〒799-0101 愛媛県四国中央市川之江町4087-8
TEL 0896-58-5460
▷設立/1967年
▷代表者/代表取締役社長 岡田 美里
▷従業員数/30人
▷HP/https://ehime-namacon.com